2014年情報セキュリティ三大脅威と2015年の脅威予測 | 資料ダウンロード

ダウンロードするファイルを選択し、個人情報入力画面へお進みください。

2014年 情報セキュリティ三大脅威

2014年法人・個人共通三大脅威 - 標的の「多様化」

  1. ネットバンキング利用者を狙う脅威
  2. 影響範囲を広げる脆弱性
  3. 狙われるPOSシステム上のクレジットカード情報

2014年個人向け三大脅威 - 利益をもたらす「ID/パスワード」

  1. 劣悪化するフィッシング詐欺
  2. 金銭・情報を狙う不正ログイン
  3. モバイルを狙う脅威の増加、深刻化

2014年法人向け三大脅威−狙われる「個人情報」

  1. 業種・規模を問わない標的型サイバー攻撃
  2. 明確な目的・動機を持った内部犯行
  3. 公開・Webサーバを狙う攻撃の変化

脅威予測 2015年とその後

〜潜在する脅威の顕在化〜

  1. 「ダークネット」や会員フォーラムにおける闇取引が増加
  2. 増加するサイバー攻撃により、ハッキングツールや攻撃の進化、拡大、成功が進む
  3. 脆弱性に起因するモバイル端末の不正アプリ感染が増加
  4. 標的型攻撃の攻撃元と標的の多様化
  5. 新たなモバイル決済システムの普及が新たな脅威をもたらす
  6. オープンソースアプリに存在する脆弱性への攻撃が増加
  7. 多様化が大規模攻撃を阻むもloE/loT上のデータは危険に
  8. インターネットバンキングや金銭目的の脅威の深刻化

資料

資料ダウンロードTOPへ戻る